REVIEW/あなたが書く全楽曲レビュー

シアワセ色の花

7分弱もある究極の大作バラード。
日本語の発音をわざと崩したり、英語っぽい発音、新しいボーカル表現にもチャレンジした。つらいことがあっても、心の支え・愛する気持ちの大切さを切ないメロディーラインに乗せたバラード。

95 件 のレビューがあります。

前へ | Page 1 | 次へ
けやん さん | 女性30代
ほんとうに大好きな曲です・・・
ユンホもチャンミンも、気持ちをこめてうたっているのが伝わってきます。
涙無しに聴くことができません。
何回もとりなおしただけあって、歌声も本当に素敵で上手だと思います。

わたしたちに、シアワセ色の花を届けてくれて、ほんとうにありがとう・・・

イイネ!!6857

碧(あお)ちゃん さん | 女性30代
全て日本語の素敵な歌詞を書き下ろして下さった山本さん、

そして、
異国の人であるということを忘れさせてしまう程の美しい日本語で、
優しい歌声を届けてくれたユノとチャンミンに、

ただただ「ありがとう。」
心の底から「ありがとう。」と伝えたいです。

二人に「シアワセ色の花」が舞い続けますように・・・。

イイネ!!6725

makiart さん | 女性30代
こんなに泣かされるとは思いませんでした;;

「日本語バラードかぁ。」
くらいにしか思ってなかったけど・・・

出だしからやられました。。
ユノの「いつから降ってたんだろう・・・」
こっから泣きます。

二人の歌声すごくいい。
特にユノは・・・ホントに頑張ったんだろうな;;
チャンミンの歌唱力についていこうって

「もし心が壊れて」の辺りから
気のせいかユノの声が涙声に聴こえる・・・・
切ないです。。

イイネ!!2678

ERI☆ さん | 女性30代
はぁ〜☆
ぐっときました〜。
この壮大なバラードも、東方神起ならではですわぁ。

こんな風に、永遠に一緒だよ的な歌を歌い上げつつ、
人生とは・・・ひとりで生まれてひとりで逝っちゃうんですね〜、なんて言うチャンミンが好き〜☆

イイネ!!1595

チャミ さん | 女性30代
2人の思い。
レコーディングも、何度かやり直して納得するまで歌い続けたと・・・。

「信じていた未来が何色に変わっても・・・」

どんな状況であれ、辛いこと悲しいこと、うれしいこと。
すべて受け入れて生きていくんだよ。
歌声を聞いて、そう思いました。

「もし心が壊れて、明日が見えなくてもこのまま手を握って離さないよ」
このユノのフレーズには、泣けました。
声から、彼の人柄が見えるかのようです。

幸せなことに来年のライブに参戦できます。
2人の想い、しっかり受け止めてきたいと思います。

イイネ!!6186

shino-seo さん | 女性30代
溢れ出した想いが 言葉じゃ収まらなく 優しい色の泪でこぼれてく・・・

何度きいても 想いがあふれて 泪がとまりません。

大きな愛がとても感じられるとおもいます。 

こんなに素晴らしいプレゼントを東方神起からもらって 幸せにおもいます。

これからも、ずっと 応援します。 帰ってきてくれて ありがとう。

守ってくれてありがとう。

ユノとチャンミンに 沢山の 幸せが訪れますように・・・

イイネ!!2122

うさちゃん さん | 女性30代
この曲は私に安心感を与えてくれる曲です

ふたりはずっとそばにいる・・・その幸せが感じられる曲です

ユノ、チャンミン、ふたりの想いがたくさん詰まった素敵なアルバムをありがとう

イイネ!!1579

りっきゅん さん | 女性30代
こんなに優しい声で歌ってくれるなんて・・・聴くと涙が止まらなくなります。
本当に「ありがとう」って言葉しか浮かばないです。
そして、努力して高いキーを歌うユノ。
低い声はトレーニングしても限界があるから、どうしてもユノが高いキーにいかなきゃならないんですよね。
ユノの高い声も低い声も、どっちも好きです。
この曲は、まさにファンへの贈り物ですね。

イイネ!!1241

momo さん | 女性30代
着うたで初めて聴いた時もびっくりしたけどフルで聴くと
まるで映画1本見終わったような余韻がありました。
特にユノ! 凄い!! こんなに上手いなんて知らなかったよ!!!
二人のバラード最高です!(期待以上です!) 
日本語詞を大切に二人に想いを寄せて 書いてくれた
山本加津彥さんの歌詞も素敵で毎回 歌詞カードが涙で霞んで見えないよー(嬉)
二人が泣き言ひとつ言わず ここまで這い上がってきてくれたことを知っているファンにも 
何にも先入観を持たず聴く人の心にも響く名曲だと思います。

イイネ!!1351

マキアート さん | 女性30代
さすが東方神起。

イイネ!!1568

95 件 のレビューがあります。

前へ | Page 1 | 次へ